健康のヒケツは腸内環境にあり!|お腹イキイキ健康保持法!

運動

腸内細菌の働き

笑顔

腸の中には善玉菌が存在していますが、それを増やすことによって腸内環境が良くなっていきます。いまは乳酸菌のようなサプリメントもあり、摂取することによってアレルギー症状の緩和も期待できます。

Read More

病気のリスクを下げる腸

味噌

腸内環境を整えるとさまざまな病気のリスクも少なくなっていきます。植物性の発酵食品は多くの乳酸菌が含まれていて、腸内環境に良い効果をもたらしてくれますので、積極的に摂っていきたいものです。

Read More

腸のことを知って、改善を

野菜

不規則な生活やストレスなどで便秘しやすくなります。そのため暴飲暴食しないことはもちろん、よくかんで食べ、冷たいものを一緒に摂らないことです。また、整腸剤などを利用して、腸内のバランスを整えておくことも大切です。

Read More

需要な腸内フローラ

健康に気を付けている人には必見です。腸内環境を整えるためにサプリが便利です。飲むだけなので忙しい時も簡単に摂取できます。

腸内フローラ

お腹

腸内フローラとは、腸内細菌の集まりのことを指して言います。この腸内フローラのバランスが乱れると、腸内環境が悪化して、健康を損なうことになります。腸内フローラは、大きく分けて3つに分けられます。善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類です。ビフィズス菌などの善玉菌が、悪玉菌の増殖を抑えたりしている一方で、日和見菌は常に優勢な方の味方をします。腸内環境は、腸内フローラの中にある悪玉菌が増殖することによって、悪化していきますが、善玉菌を優勢に保つことで、腸内環境を正常に保つことが可能となります。腸内の善玉菌は、赤ちゃんの頃は99%にも及ぶといわれておりますが、年齢とともに減少していき、60歳以上では1%まで減るそうです。

いつまでも健康であるため

いつまでも健康であるためには、腸内環境を正常に保つことが大切ですが、年齢とともにそれは難しくなります。そのため、年齢を重ねるとともに、食生活や生活習慣を変えていく必要があるのです。例えば、食生活の場合、高たんぱく高脂肪の食事は避けた方が無難と言えるでしょう。なぜなら、たんぱく質と脂肪は、悪玉菌を増殖させるからです。よって、低タンパク、低脂肪、高食物繊維食が健康食と言われるのです。また生活習慣に関しては、ストレスを溜めないための工夫が必要とされます。ストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れたりするため、悪玉菌を増殖させやすくなってしまいます。寝る前にしっかりとリラックスしたり、一日三食の食事を摂ることも大切なことです。